協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > ペットのための手作りごはんレシピ > 秋鮭とさつまいものクリームシチュー

鮭切り身………50g
さつまいも………30g
人参………10g
かぼちゃ………15g
しめじ………10g
ブロッコリー………10g
片栗粉………1〜2g
豆乳………50cc
水………80cc
オリーブオイル………5cc

目安として量目を記載

体重10キロの犬の1食分

材料

鮭、野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切ります。

フライパンにオリーブオイルを熱し、鮭をこんがり焼きましょう。

鮭に火が通ったら野菜を加えて炒め合わせ、水を加えて煮ていきます。

さつまいもに火が通ったら豆乳を加え、沸騰したら水溶きくず粉(片栗粉)でとろみをつけます。

ひと肌に冷ましてから与えましょう。

さつまいもの皮は栄養の宝庫、美肌効果のアントシアニンとクロロゲン酸、ビタミンC、カルシウム、カリウムなど多くの栄養が含まれています。丸ごとよく洗って皮も一緒に使いましょう。切ったさつまいもはすぐにサッと水で洗い流してあく抜き、長い時間水につけると大事な栄養素が流れ出てしまうので注意しましょう。

鮭独特のサーモンピンクの色合いは、アスタキサンチンというカロテノイド色素。
ビタミンEの約500〜1000倍の強い抗酸化力を持ち、自然治癒力を高めてくれる栄養素です。鮭はほかにもビタミンE、ビタミンA、セレンなどの抗酸化物質を豊富に含む食材です。
さつまいもに含まれるビタミンCはでんぷんによって加熱で壊れにくくなります。
鮭のビタミンEとさつまいものビタミンCは美肌におすすめの組み合わせ。皮膚の弱い子、老犬にもおすすめです。

 

PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA賛助会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州
NEWS

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • google+でAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする
APNAブログ

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ