協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > ペットのための手作りごはんレシピ > 蕪と牡蠣の豆腐グラタン

牡蠣…100g
木綿豆腐…150g
蕪…50g
蕪の葉…40g
にんじん…40g
とろけるチーズ…20g
干しアミエビ…大さじ1
片栗粉…大さじ1
水…50cc
オリーブオイル…大さじ1
ドライパセリ…適量

目安として量目を記載

体重10キロの子の1食分

材料

蕪とにんじんは皮を剥き、蕪は約2cm幅のいちょう切りにし、にんじんは約2cm角のダイスカットにします。

(1)を耐熱容器に入れ軽くラップをし、600wの電子レンジで2分加熱します。【画像01】

豆腐をボールに入れ泡立て器でペースト状にし、片栗粉と干しアミエビを入れ更によく混ぜます。

蕪の葉は、約3cmくらいの長さに切ります。

フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、牡蠣が、ぷっくらするまで中火で炒め(2)(4)、チーズの半量と水を加え一煮立ちさせます。

(5)に(3)を加えソース状にぽってりしてきたら火を止めます。【画像02】

グラタン皿に(6)を入れ残りのチーズをのせ200度のオーブン上段で約15分お好みの焼き色が付くまで焼きます。【画像03】

人肌くらいまで冷ましたのを確認し、ドライパセリをちらし食べさせます。

※およその焼き時間を書いていますが、各ご家庭のオーブンやトースター、魚焼きグリルで
 焼き加減が変わるので、途中様子を見ながら焼き時間を調整してください。

牡蠣は、ビタミンA、ビタミンC、B1、B2、B6、B12などが含まれ
カルシウム、カリウム、リン、鉄、銅、亜鉛などのミネラルも豊富な食材です。
牡蠣に含まれるタウリンは水溶性ですので、グラタンのソースも美味しく食べることで無駄なく摂ることができます。

蕪は、丸い根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜になります。丸い根は、食物繊維とビタミンC、消化酵素のアミラーゼを含みます。
どちらかというと蕪は、丸い根よりも葉の方に栄養がたくさん!βカロテン、ビタミンB1、B2、Cやカルシウム、鉄などのミネラルもたっぷり含まれているので葉も一緒に食べないともったいない野菜です。

豆腐は大豆から作られた食品です。大豆に含まれる栄養成分サポニンは、血中コレステロールを下げ動脈硬化や高血圧予防する働きがあるといわれています。
また、イソフラボンは美肌効果や新陳代謝を高める効果が期待されます。

にんじんは、βカロテンを豊富に含み
βカロテンは、体内でビタミンAに変換され使われます。ビタミンAは、皮膚や肺、気管支などの上皮組織を細菌やウイルスから守る役目があるといわれています。

グラタンの焼き色と風味を良くするチーズには、
糖質代謝を助けるビタミンB1、細胞の新陳代謝を助けるビタミンB2、その他B6、B12などのビタミンB群を多く含んでいます。

 

PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ