協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE

豚ミンチ………50g
豚レバー………30g
豆苗………10g
赤ピーマン………5g
グリーンピース (さやから出して茹でた状態で)………10g
卵………1/2個
炊いたごはん………35g
ゴマ油………適量

目安として量目を記載

体重4キロの子の1食分

材料

豚レバーと豆苗、赤ピーマンは細かく切っておく。

フライパンにゴマ油を熱し、溶いた卵を流し入れる。半熟になったら炊いたごはんを加えてさっと炒め、いったんお皿に取り出しておく。【画像01】

(2)のフライパンに少量のゴマ油を足し、(1)のレバーを炒め、肉の色が変わったら豚ミンチを加えてさらに炒める。

(3)に(1)の豆苗と赤ピーマン、グリーンピースを加えて炒める。
【画像02】

(4)に(2)を戻して軽く炒めたらできあがり。【画像03】

豆苗はエンドウの若菜ですが、グリーンピースもエンドウ豆の未成熟なものを収穫したものなので、豆苗とグリーンピースはいわば家族のような関係です。
豆苗の栄養価はとても高く、免疫力の向上や老化防止に役立つβ-カロテンや抗酸化作用のあるビタミンCの含有量は、ほうれん草を上回ります。
その他にも骨の健康をサポートしてくれるビタミンKやカルシウムも豊富に含まれています。

グリーンピースの食物繊維の含有量は、数ある野菜の中でもトップクラスです。グリーンピースに含まれる不溶性の食物繊維には、腸内の水分を吸収して便の排泄を促す働きがあります。また、不要な腸内細菌や老廃物などを体外に排出する働きもあり、腸内環境を整える作用もあります。

豚肉には、疲労回復ビタミンと呼ばれるビタミンB1が、とても多く含まれています。ビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーへと変換するのに必要な栄養素で、倦怠感を和らげる効果も期待できます。また、豚肉のレバーにはナイアシンが多く含まれていて、ナイアシンには、皮膚や粘膜の健康を維持する働きの他、血行促進作用もあり、それによって血流が良くなって冷え性の改善などにも効果的です。

 

PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA賛助会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント
ヴォイススキャン(R)

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • google+でAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ