協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > ペットのための手作りごはんレシピ > 帆立と鮪と鮭のカルパッチョ

帆立………20g
鮪………20g
鮭………20g
春キャベツ………3g
ブロッコリー………3g
水菜………3g
にんじん………3g
かぼちゃ………3g
しめじ………3g
絹さや………少々
出し汁………60cc
片栗粉………適宜

目安として量目を記載

体重4キロの子の1食分

材料

帆立、鮪、鮭を食べやすい大きさに切る。【画像(1)】

上記以外の具材を、みじん切にする。【画像(2)】
※具材のすべてを、フードプロセッサーにかけてもOKです。

(2)を、出し汁でやわらかく煮て、片栗粉でとろみをつける。【画像(3)】

(1)を混ぜあわせて、お皿に盛る。【画像(4)】

(3)の具材を盛り、絹さやをのせる。

猫さんに必須とされるタウリンを多く含む帆立は、肝臓と膵臓の過酸化物質を減少させ、肝機能を再生するために働いてくれるだけでなく、眼精披露の快復や視力低下の防止効果もあります。

鮪の赤身部分に含まれるセレンは、発がんを抑制、老化防止にも役立ちます。鮭には、DHA、EPAが含まれています。
キャベツは、胃の粘膜を保護してくれ、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリーは、免疫力の向上をサポートしてくれます。
粘膜の再生を助けてくれるしめじは、旨味成分もたっぷりです。

 

PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA賛助会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州
NEWS

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • google+でAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする
APNAブログ

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ