協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 猫がドライアイになったらニンジンを食べて治るか?

猫がドライアイになったらニンジンを食べて治るか?

猫がドライアイになったらニンジンを食べて治るか?

BACK NUMBER

先月、ペットアカデミーのコラムで
ニンジンを取るとドライアイが治るって、ホント?
という話をしました。

そうしたら、
「犬はそういう事があるとわかりましたが、猫はどうですか?」
というご質問をいただきました。


ペットアカデミーやペット食育協会の講座を受講された方はご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

ネコは違う!



のでしたね。


犬はβ−カロテンをビタミンAに変換する酵素があるので、
ニンジンに含まれるβ−カロテンをビタミンAにすることができます。

しかし、
猫はその酵素をもたない(少なくとも十分に機能する量はない)ため、
β−カロテンをビタミンAに変換することはできません。

そのため、ドライアイになった猫にニンジンを食べさせても、
それが直接的に改善につながるとは考えにくいわけです。


この様に、

動物の種類によって、
例えそれが犬と猫でさえも、
違うことがあります。


ただ、「違うことがある」とはいえ、
全て違うわけではなく、ほとんど似ているわけで、
違う所だけ「正確に」学んでおきたいところですね。

 

ところでもちろん、ドライアイも原因は様々です。

ビタミンAを摂取しさえすれば、
必ず改善するわけではないことはご理解ください。


体調不良を治す(人によって意味がいろいろ違いがあるようですが)ときは、
かかりつけの先生としっかりご相談の上、治療していただいてください。

 

なお、
ペットの正しい情報を学ぶことができる講座は
こちらで受講ができます。

  • メルマガのご登録はこちら
  • あなたのお近くの食育セミナーはこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • APNA 指導士専用
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ