協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 多頭飼いで一頭だけ便の量が多いのはなぜ?

多頭飼いで一頭だけ便の量が多いのはなぜ?

多頭飼いで一頭だけ便の量が多いのはなぜ?

BACK NUMBER

「うちは多頭飼いなのですが、同じ量を食べているのに
 一頭だけウンチの量が多い子がいます。それはなぜですか?」
というご質問をいただくことがあります。


世の中には、基本がわかると、
あっという間に悩みが解決することがあります。
このケースもそうと思われます。


まず、便の主な構成成分は、
1)腸内細菌
2)剥がれた腸粘膜
3)食物のカス(未消化物)です。


そうすると、
1)腸内細菌の分裂が盛ん
2)何らかの理由で腸粘膜がドンドン剥がれてくる(粘膜便はこれ)
3)消化・吸収があまり十分ではない(未消化物が増える)
などの理由が考えられます。

 

まず、3)は、毛ヅヤが良くて(タンパク質、脂質が充分)
元気(糖質、ビタミン、ミネラルが充分)であれば、
全く大丈夫です(何かあったときに治りが悪いなんてことはありません)。


そして2)は、腸内感染などに対しての正常な反応ですが、
具合悪くないのならば、この可能性は低いでしょう。


最後に1)ですが、酷いニオイでなければ大丈夫です
(酷いニオイの場合は、腸のリセットをする必要があるかもしれません)


以上より、主な理由としては三つ考えられますが、
元気ならまず大丈夫です。


しかし、元気がない、オナラや便臭がキツい、ということでしたら、
軌道修正が必要かもしれませんので、
かかりつけの動物病院で原因を探ってもらってください。

  • メルマガのご登録はこちら
  • あなたのお近くの食育セミナーはこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • APNA 指導士専用
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ