協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 朝、胃液を吐くのは空腹だから「こまめに食べさせて」はウソ

マンスリーコラム/朝、胃液を吐くのは空腹だから「こまめに食べさせて」はウソ

朝、胃液を吐くのは空腹だから「こまめに食べさせて」はウソ

BACK NUMBER

 当院にはこの手の診療が沢山やってきます。

 結論から申し上げましょう。

 大抵、胃ではなく、すい臓に何らかの問題を抱えていることが多いです。
人では、すい臓に何らかの問題を抱えると、胃もたれの症状が出ることが多く、
胃薬を飲んだりしてしまいますが、実は原因は胃では無かった…ということが少なくありません。

 すい臓に問題がある場合の解決策は、食べることではなく、食べないで休ませる、つまり食べないことです。

 しかしなぜかちまたには、「朝胃液を吐く=こまめに食べさせる」
という情報が多く、それを実践した結果、返ってこじれることが少なくありません。

 当院には、「朝胃液を吐く=こまめに食べさせる」を常識と思ってこられる方が多く、「食べないなんてことは怖くて出来ない」とおっしゃるのですが、強権発動でやっていただくことにしています(笑)。

 そうすると、当然のことながら一週間ぐらいは吐くのですが、それは原因があるから吐くのであり、原因を取り除かずして吐かないように帳尻を合わせるのはナンセンスだと考えています。

 そして、同時にすい臓にある問題の原因を取り除きつつ、10日ほど経った頃から、不思議と吐かなくなるのです。

 この様に、獣医師ですら「常識」と考えていることにも、「勘違い」や「例外」があります。

 食事の世界もまだまだわからないことだらけです。安易に決めつけたりせず、飼い主の不安を煽ったりせず、正確に情報を伝えたいものです。

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA賛助会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント
ヴォイススキャン(R)

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • google+でAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ