協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 痩せている犬や猫は体力がない?

痩せている犬や猫は体力がない?

痩せている犬や猫は体力がない?

BACK NUMBER

最近よく診療で出くわす困ったことがあります。

それは、飼い主さんが
「痩せている犬や猫は体力が無い」
と周囲から思い込まされていることが多いということです。

 

なぜ困るかというと、
ある種の感染症では食べない方が抵抗力が上がるので、
食べる量を減らした方が良い場合があるのです。


その時に、食事量を少なくしてくださいと指導すると、

「それは不安で、できません!」

と強く抵抗されるのです。


その方の頭の中には
「痩せる→体力無くなる→病気がひどくなる→死ぬ」
という強烈かつ不適切な思い込みがある様で、
食べなくて痩せることに非常に不安があるようなのです。


この様なケースでは毎回次の様に申し上げております。
そして、この一言で大抵の方が今までの思い込みに疑問を持ち始め、
改めて考え直してくださいます。


その一言とは、


「マラソンランナーや、トライアスリートに
プロレスラーや、力士のような体型の人はいますか?」

 

 

当たり前のことですが、
体型と体力は直接的な関係はありません。

よく、「手作り食にすると痩せる」という話がありますが、
「引き締まる」子が「中にはいる」のであり、
「ガリガリで体力が無くなる」のではありません。

 

一時的に食事量を減らして痩せたとしても、
体調が落ち着き、その後で食事を再開すれば

「あの心配は何だったのか?」

というぐらいに一週間ほどで元に戻ります。

 

「病気を治すために、食べて体力つけて!」
という話は、食べ物がなかった時代の話です。


今は食べ過ぎを気にすべき時代です。


もちろん、全てのケースで食べるなと申し上げているのではありません。

食べないことが回復につながるケースがあるということです。


基本がわかっていれば惑わされないような情報でも、
なんとなく人から聞いた話を鵜呑みにする習慣があると、
ついつい判断を間違うことがあります。

「何となくつじつまの合う話」には注意したいものです。

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • APNA 指導士専用
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ