協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 痩せてきたから食べさせる←それは正しいの?

痩せてきたから食べさせる←それは正しいの?

痩せてきたから食べさせる←それは正しいの?

BACK NUMBER

「うちの子が急にやせてきたし、吐くんです。通常の体重に戻して上げたいです。」

というご依頼が最近多いのですが、
飼い主さんの頭の中には
「体重が減ると体力が無くなる」
「だから食欲がなくなると心配」
「せっかく食べたものを吐いたら、また食べさせなければ…」

などの思い込みがあるようです。


そうしたら、そこにそれらより優先順位の高い思い込みを今日から作って下さい。
「何か消耗するような出来事が体内で起こっているのではないだろうか?」

「食欲を抑えてでも、免疫力を発揮しなければならない理由が体内にあるんだ!」

「動物は身体に調整が必要になると、食事を控えてジッとするんだ」

「だから、無理に食べさせるのではなく、原因を取り除こう!」


本来は過食すべきでない状態で、飼い主さんの思い込みで過食させられ、本来必要のないケア(消化器の)が必要になる子が多いです。

勝手に痩せるような状況では、食べさせても太れないですし、体内状況が深刻になる可能性があることを覚えておいてください。

そんなことがなければ、自然に痩せたりしないのです。

対処を間違わないでくださいね。

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • APNA 指導士専用
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ