協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 【獣医師監修】犬や猫にキノコを食べさせても大丈夫なのでしょうか?
2020年10月

【獣医師監修】犬や猫にキノコを食べさせても大丈夫なのでしょうか?

ペット食育協会の一般会員の方からこんなご質問をいただきました。

===
サイトをみていたら、以下の様な記述があったのですが、我が家の犬達はきのこを食べて下痢をしませんし、今まで問題を感じたことがないのですが、何か気をつけた方がいいのでしょうか?
ーーー
キノコ類は危険な成分が含まれているわけではありませんが、消化性が悪く消化不良を引き起こしやすい食べ物です。生では特に注意が必要なため、愛犬に食べさせる場合には、火を通すようにして消化性をアップさせるようにしましょう。
===

結論から申し上げると犬猫にキノコ類は大丈夫です!

もちろん、「毒キノコ」はNGですが…(想像力が働く方ばかりなら、こんなことをイチイチ言わなくても済むのですが…)

こういう情報は、真面目な飼い主さんに不必要な不安・心配をいだかせるので、ところどころ改正が必要となります。

謎の言葉「消化性が悪く」

消化ができるかどうかは、

膵臓から放出される消化酵素で分解できるかどうか?
腸内細菌が放出する消化酵素で分解できるかどうか?

によります。

そして、動物の消化酵素で分解できない成分を
【食物繊維】
といいます。

食物繊維含有量が多い食材は、
【消化が悪い】
ことになります。

大事なのでもう一度!
===
食物繊維含有量の多い食材は消化が悪い!
===

ちなみにキノコ類の可食部100gあたりの食物繊維含有量は

マッシュルーム:2.0g
なめこ:    3.3g
エリンギ:   3.4g
まいたけ:   3.5g
ぶなしめじ:  3.7g
えのきたけ:  3.9g
しいたけ:   4.2g
まつたけ:   4.7g
きくらげ:   5.2g

という感じです。
他の食材は

イカ:    0g
タコ:    0g
剥きエビ:  0g
豆腐:    0.3g
じゃがいも: 1.3g
にんじん:  2.7g
かぼちゃ:  2.8g
こんにゃく: 3g
トウモロコシ:4.5g
えだまめ:  5g
ごぼう:   5.7g
モロヘイヤ: 5.9g
挽き割り納豆:5.9g
ゆで栗:   6.6g
いりごま:  12.6g

こんな感じです。

【消化が悪い】
などと書かれると、身体に悪い食材かのように感じますが、特に大きな問題は無いのです!

「消化不良」だからなに?

基本的に
食物繊維を自前の消化酵素で分解できるほ乳類はいない
ので、消化できないものを食べても、単に超を通過するだけですから、特に問題視するようなことはありません。

ただ、
口にしたものは100%吸収しないといけない
と勘違いしている方にとっては、問題に感じるのでしょうが、普通の人にとっては
「えっ?消化できないっていっても、腸管内を通過するだけでしょ?」

で終わりなのです。

だれかが間違って「消化不良はいけないこと!」と誤情報を流したから不安になっている人がいるだけで、事実を知れば「なぁ〜んだ!取り越し苦労だった!(笑)」で終わる話です。

「注意が必要」ってどんな?

この文章のタチが悪いのは、問題のないところにいたずらに不安を煽るところです。
===
生では特に注意が必要なため
===
と書いてありますが、こんな表現をこの文章以外でも見つけたら
どんな危険性が想定されて、どんな注意が必要なのですか?
と文章を書いた人に質問してみるといいでしょう。

不安を煽るために、なんとなく書いてあるだけだと思います。

ですので、今後こんな表記を見つけたら、ぜひ、「おそれいりますが、後学のために…」と質問してみて下さい。

そうすると、こんな表記がなくなるはずです!

きのこ類は加熱すると消化性がアップするのか?

一番良くわからないのがここで、食物繊維はその定義から、加熱したからといって、「消化性がアップ」したりしません!

おそらく、栄養学の知識を持たない方が、いろいろ調べただけ&雰囲気で書いた記事と思われます。

あなたがヘンだと感じたその感覚は正しかったのです!

ヘンな情報は答え合わせをする習慣を!

世の中には様々な情報があります。

私もそうなのですが、予備知識が少ないところで「自分なりに」自学自習しても、確証バイアス(仮説や信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集め、反証する情報を無視または集めようとしない傾向のこと)がかかっていて、自分が最初に触れた情報を支持する情報(例:手作り食は栄養バランスが悪いとか←本当は不正確情報)ばかりを集めがちで、それ以外の情報を拒絶する態度になりがちです。

そうすると、頑張って学んだ割に、気が付いたらとても偏った思考になり、残念な状態になっている…なんていうことは珍しくありません。

そんな風にならないために、私は「私が望む結果を出している人」に「自分が考えた事」を伝えて、答え合わせをする習慣を持っています。

これがあるために、視点を多くもてて、そのなかでどの視点を選択するかを自由に選ぶことができていて、望む結果を得ることに成功しています。

まだまだ上を望みたいので、これからも学び&答え合わせで、バランスの取れた状態を維持したいと思います。

ということで、

きのこは食べていい!
食物繊維を消化できるほ乳類はいない!
消化できない食物繊維は腸管内を通過するだけで、身体に害はない!
加熱して食べた方がいいが、加熱して消化率が上がるわけではない!
もちろん、例外もあるが…

ということで、ぜひ、これからもキノコ類を食事に取り入れ、便通や腸内細菌のエサとしてご活用下さい!

それはそれとして、ペット食育協会では、
ちまたのヘンな情報、惑わす情報のご質問をいただくと、
動画解説した情報が学べます!

他にも特典がございますので、
ヘンな情報に惑わされたくない!という方で、
一般会員にご興味のある方はこちらから!

APNAからのご案内

  • 入門講座の詳しい情報はこちら
  • メルマガのご登録はこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ