協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 白い食べ物を食べると毛が白くなる!?(はんぺんとか、卵の白身…)
2020年07月

白い食べ物を食べると毛が白くなる!?(はんぺんとか、卵の白身…)

世の中には、一見正しそうで、実はちゃんとした予備知識があれば、騙されずに間違っていると判断できるような情報がたくさんあります。

先日、飼っている白い犬の涙やけ、口元・手足の先の毛焼けが気になる飼い主さんが診療にいらっしゃいました。

カウンセリングをしていたら、その飼い主さんから耳を疑うような話を聞きました。

それは…

白いものを食べると毛が白くなる!?

「犬の食事指導をしているという方に、白い食べ物(はんぺん、卵の白身、大根など)を食べると毛が白くなると教わったので、食べさせているのですが、半年経っても変わらないのです…。」

私は思わず、のけぞってしまいました。

そして
「その方はペット食育協会の指導士ではないですよね?」
と確認してしまいました。

幸いにしてペット食育協会の指導士ではなかったので、安心しました。

ペット食育協会の指導士は変なことは言わない!

ペット食育協会の指導士には、飼い主さんの悩みを減らすことが最優先事項で、アドバイスに迷った時の判断基準が、「この情報が目の前の飼い主さんの悩みを減らすことに役立つか?それともさらに迷わせることになるか?」なのです。

ですから、その基本的なルールを破った指導士がいるのかどうかを確認しなければならないと思ったのでした。

このように、ペット食育協会(APNA)の指導士は、変なことは言わないので、安心して頼っていただいて結構です。


さて、話を元に戻しますが、その飼い主さんは、
そう言われたんですけど本当なんでしょうか?
と質問してきたのです。

この質問するという事は…

質問の質は人生の質!

この飼い主さんが、この情報を本当か嘘かを判断できていないことを意味します。
「こんなのウソですよね?」なら確認です。

この時の私の返答は…

「じゃぁ飼い主さん、イカスミパスタを食べたら、毛が黒くなったりするのでしょうか?なりませんよね?って事はやっぱり白くならないんですよ!」

この話は、デマを流す人はもちろんですが、予備知識がなさすぎて判断力が鈍っている飼い主さんにも問題があると思います。

想像力を働かそう!

まず、食べ物で白い食べ物を食べたら毛の色が白くなったり、黒いものを食べて毛が黒くなるなどという情報を流す人はもちろんいかがなものかと思います。

また、情報発信者本人がそれを仮に信じていたとして、じゃぁ、微妙な茶色はどうするのかと考えて欲しいのです。

ちくわを食べたらキャバリアみたいになれるとでもおっしゃるのでしょうか?

ちょっと考えたらわかることを、考える努力をせずに、結果的に他人に嘘をつくのはあまり好ましいってことではないと思います。

また、最近ではSNSで注目を浴びたいが為に、極端な情報を流す方も散見されますが、それもいかがなものなのでしょうか?

仮に百歩譲って本気で信じていたとしても、

「こういう情報は個体差があり、身体にはいろいろな状態があるので、一つの情報として!」ぐらいに留めておいていただきたいものです。

このように、巷には、目立ちたくて、注目を浴びたくて、突飛なことを言う人は少なくないことを意識しておくことはとても重要です。

ですから情報の受け手側も適切に情報を取捨選択する能力が必要になってきます。

その時に大切なことが、二つあります。

ヘンな情報にダマされて損をしないために!

1)常に学び続けること
2)自分の知識を答え合わせする習慣
の二つです。

実は私自身、自分の専門分野では大抵のことは1秒もかからずに適切か否かを判断できる自信があります。

しかし、自分の専門分野を外れるとその自信がなくなります。ですからまず自分なりに論文で調べるのですが、それでも定期的にプロに確認しております。

このようにしていれば、仮に一時的に偏ったとしても、専門家に答え合わせをする習慣があるので、変な思い込みは軌道修正することができ、常に適切な状態でいることができます

ヘンな情報の餌食にならない様に

SNSや、ブログなどを時々拝見すると、そしてまた実際の診療でもそうなのですが、
「なぜそんな情報を信じていたのですか?」
とか
「どこで情報収集したらそんな情報に触れることができるのですか?」

というようなヘンな情報にとらわれて、悩んでいる飼い主さんが驚くほど多いのです。

なぜだと思いますか?
それは…

ヘンな情報の餌食になる原因

ヘンな情報の餌食になる原因は、

予備知識の少ない状態で
自分なりに情報収集をして
自分なりに考える

からです。

これでは、最初に触れた情報の影響を強く受けてしまいます。


私はそうならないための工夫をしていますが、大抵の方はそんなことはなさっていません。
だから、餌食になってしまうようです。

また、仮に餌食になったとしても、あとでプロに確認するというステップがあれば、おおごとにはならずに済むのですが、それはお金が掛かるからとためらう方が少なくありません。

このように、専門家に確認をするというステップを省いたりするから、不必要に悩んで、生産性の低い時間が多くなるのだと思います 。

時間は買うもの!餅は餅屋!

私自身は、「時間は買うもの」「餅は餅屋」という考え方なので、迷った時は、ひとまず自分で調べて結論は出しますが、その是非の判断はプロに仰ぎ、日常生活は悩む時間を減らして、楽しい時間を増やすべきだと思っております。

大学では年間6桁から8桁の金額を使って勉強してきています。それに比べたら微々たる費用で、それぞれの専門家と繋がれて、自分の状態を最新かつ最適にできる状態を維持できるので、それは価値があると思って、自分に投資しています。

私がそういう環境を手に入れられたように、あなたもその道のプロを対価を支払って関係性を確保し、自分なりの判断の是非を確認し、それを積み重ねることであなたも自力で判断できるようになっていくのではないでしょうか?

特殊事例か?頻繁に起こることか?

残念ながら、ペットの食に関しては、商業ベースの情報がとても多く、ごくまれに起こるような特殊なことが、頻繁に起こるかのように喧伝されていたりします

当然のことながら、飼い主さんは適切な判断材料を持っていないと心配になったりするわけです。

ですからペット食育協会では、そういった方が悩まなくて済むように学ぶ場を提供しております。

ですから、もしあなたがペットの食に関して疑問があったり、不安があったりしたときには、ぜひペット食育協会の指導士の方々をに相談してみてください

もちろん、お仕事ですから有料ですけれども。無料で変な情報に惑わされるより、有料できちんとした情報を入手してその後悩みを少なく生活できる事はとても有意義なことだと思います。

時間は買うものです。ぜひあなたも適切な場所で適切な情報を知り、悩んだり不安に思わずに過ごす時間を増やすことの有意義さに気づいていただきたいです。

くれぐれも、白い食べ物を食べると毛が白くなるなどというようなことを考えるような人にはならないでください。

もしそれが本当だとしたら、はんぺん好きな人は頭が白髪だらけになるという話になるのですから…

APNAからのご案内

  • 入門講座の詳しい情報はこちら
  • メルマガのご登録はこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ