協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
HOME > monthlycolumn > 食品添加物なのに次亜塩素酸水で空間除菌してはいけないのはなぜ?
2020年06月

食品添加物なのに次亜塩素酸水で空間除菌してはいけないのはなぜ?

食事の話の延長線上で、食品添加物に関するご質問です!

食品添加物は「全て」人体に安全?

「どうしても食品添加物に認定されている次亜塩素酸水を室内に噴霧してはいけないという主張に納得できません。食品添加物に認定されているのですから、安全なんじゃないのですか?」

というご質問をいただきました。

質問の質は人生の質

質問の質は人生の質と言われます。
私もそうなのですが、質問の前提となる知識が不適切だと、理路整然と間違っていくからです。

おそらくこの方に、
食品添加物は「全て」人体に安全
という誤解があるからだと思います。

当たり前のことですが、効果は使用法・量・濃度・頻度・期間で変わります!

それぞれの食品添加物には「正しい使い方」があります。

この次亜塩素酸水は、とてもいい学習材料だと思いますので、解説させていただきましょう!

効果を発揮するには「特定の条件」がある

今回のコロナ騒動でもそうですが、「次亜塩素酸水は効果があるのか?無いのか?」という質問は、良質な質問とは言えません。
なぜなら、次亜塩素酸水が効果を発揮するには
特定の条件
が必要だからです。

ちなみに次亜塩素酸水が食品添加物として用いられる場合の条件は

1.
使用前に、pH、有効塩素のウドなどを確認すること
2.
予め飲用適の水で食品の汚れを洗浄除去した後、使用すること
3.
使用後は、食品を飲用適の水で充分に洗浄すること
4.
生成装置で作られる次亜塩素酸水を直接使用
5.
流水で使用することが望ましい
(対象物との接触により有効塩素濃度が短時間に消失することがあるため)
6.
最終食品の完成前に必ず除去しなければならない

です。

食べる前に除去しなければならない食品添加物!

厚生労働省の次亜塩素酸水の資料1ページ目に
===
次亜塩素酸水は、最終食品の完成前に除去しなければならない。
===

と記載がございます。
↓↓↓
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002wy32-att/2r9852000002wybg.pdf

なぜならば、残留する次亜塩素酸水を口から摂取した際の安全性に確証が持てないからです。

ですから、「食品添加物」というと、何でも口に入れられると勘違いしている方がいらっしゃいますが、そうでない、製造工程での使用は許可されているけれど、全て食べていいわけではないということを知っておいていただきたいのです。

流水で使用する前提!

次亜塩素酸水は食品添加物として使用する際には、次亜塩素酸水製造機から出てきたものを「希釈せずに流水使用が原則」です。

と申しますのも、次亜塩素酸水は有機物に接触すると効力が低下するため、対象物に噴霧や浸漬では期待する効果が望めないからです。

この様な理由から空間に噴霧しても、上記の条件は達成することが難しいので、殺菌効果は限定的になります。

当たり前のことですが、液体を流水使用でようやく効果があるものを、霧状にして室内に噴霧したら薄まるので、期待するような効果は得られません。

そして、効果が期待できるなら、つまり殺菌効果があるなら、同じく細胞でできている生体に有害なのです!

効果がなければムダ!
効果があれば有害!

噴霧するメリットがあると思われますか?

ついでに…

次亜塩素酸水はボトルで買うものではない!

次亜塩素酸水は時間が経つと失活します。

実際、厚生労働省の「次亜塩素酸水の食品添加物指定に関連する資料」の2ページ目にも「次亜塩素酸水そのものは流通しない」と書いてあります。
↓↓↓
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/dl/s0819-8m.pdf

このことから、容器で販売されている商品はHOCl、OCl-、Cl2といった遊離有効塩素(Free Available Clorine:FAC)濃度が低下している可能性がとても高くなります。

ですから、ほとんど水かもしれません。
だとしたら、噴霧して吸い込んでも安全かもしれませんね(笑)。


ちなみに、文部科学省からも、このような通達が出ております。
↓↓↓
https://www.mext.go.jp/content/20200604-mxt_kouhou01-000004520_1.pdf

ということで、次亜塩素酸水での「空間除菌」はやめましょう!

APNAからのご案内

  • 入門講座の詳しい情報はこちら
  • メルマガのご登録はこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ