協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > monthlycolumn > 生食だと下痢をしますが、加熱食だと便が固まります

生食だと下痢をしますが、加熱食だと便が固まります

生食だと下痢をしますが、加熱食だと便が固まります

BACK NUMBER

先日、「うちの猫は、生肉食だと下痢をしますが、加熱食だと便が固まります。サイト等では生がいいと書いてあるのですが、どちらが正しいのでしょうか?」というご質問をいただきました。

正解は、「どちらも間違ってはいない。」です。

当院では、沢山の下痢の症例を経験しておりますので、
● 「生は×、加熱は○」
もいれば、
● 「生は○、加熱は×」
という子もおりますし、
● 「生も加熱も○」
● 「生も加熱も×」
いろんな子がいます。

あなたと私が違う人間で、好みも行動パターンも違うように、同じ犬とイヌ、猫とネコでも、条件が異なりますから刺激に対する反応は異なります。
大切なことは、その子に合う方法を選択することです。

また、「下痢はいけない症状で、止めなければならない」と考えるのも、必ずしも適切とは限りません。
というのも、「それまで抱え込んでいた問題が、その食べ物を食べたことによってやっと表面化できた!」という可能性だってあるからです。

西洋医学的には、下痢はいけないことかもしれませんが、東洋医学では、不快なことかもしれませんが、原因あっての結果として受け止めるものです。

「下痢できたから生きていられる」という視点もあるということを覚えておきたいものです。

だから、ペットの食は、奥が深く、またそれが興味深いと思うのは、私だけでしょうか?

須崎の指導士養成講座スタートしました。

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • APNA 指導士専用
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ