協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
HOME > monthlycolumn > 犬猫の手作りご飯の分量がわからない…を解決するヒントとは?
2019年5月

犬猫の手作りご飯の分量がわからない…を解決するヒントとは?

犬猫の手作りご飯の分量がわからない…を解決するには?

よく、「食事の量がわからない…」という方がいらっしゃいます。

そんな方は、ぜひ、ペット食育協会の入門講座や二級講座を受講していただきたいのですが、そんな方にヒントになる情報があります。

焼き鳥だけでお腹をいっぱいにするには何本必要か?

===
以下は、須崎(ヒト)個人の話です。
「ペットに焼き鳥なんて、串が刺さったらどうするのか?」などの反論は見当違いですので、予めご了承下さい。
比喩表現としてお読みください。
===

私にはある一つの夢があります。

それは、超絶美味しい焼き鳥のネギマ串だけを食べて、お腹いっぱいになることです。

そこで、
「では、一体何本食べたら達成できるのか?」
を考えてみました。

焼き鳥一本の重量と胃の容量(ヒト)

まず、焼き鳥一串の重さは
約40〜50 g
だそうです。


次に胃の容量は、個人差はありますが、
約1.5リットルまでは等張に拡がる
そうです。

たしかに1−2kgが一番キツかった…

かつて、私が「天才たけしの元気が出るテレビ!」の五周年記念特番である「根性日本一決定戦スペシャル(いわゆる我慢大会)」に出場したことがありました。

数々の試練を乗り越えたわけですが(笑)、その中に「2時間で3kg食べろ」という試練がありました。

それにチャレンジした際、
0〜1kgは楽勝
1〜2kgは非常に苦痛
2〜3kgは惰性
だったことを覚えています。

設定は1.5kgで僕の夢はいくらで達成できる?

上記の経験と合わせて
1.5kgの重量をゴール設定

ここで、仮に焼き鳥の重量を
一本50gと仮定すると、1,500 g÷50g=30本

一本200円と仮定して、
6,000円の予算で達成できそうです(安っ!)。

あとは、自分の好みの焼き鳥屋さんを探すだけですね。
これで夢実現に一歩近づきました♪

チェーン店の居酒屋でやってみた…

そこで、その晩に、近所の居酒屋さんでやってみたのですが、安いからでしょうか?肉の質なのでしょうか?身体が喜んでくれませんでした(笑)

10本しか食べられなかったのです…。

焼き鳥の名店でやってみた!

そこで、今度は、新橋の焼き鶏の名店
「鶏繁(とりしげ)」さんに
行ってきました。

そして、ねぎまをまずは塩10本、タレ10本頼みました。
出てきた焼き鳥は、とても美味しそう!

そして食べてみましたところ…

肉質がよろしかったからと思いますが

23本+ドリンク2杯+サラダ、お新香
で、心地よい、まさにちょうど良いお腹いっぱいでした。

鶏繁さんに伺ったところ、こちらのネギマは50gだそうで、今まで食べてきたお店の焼き鳥よりも、たしかに大きめでした。

ですから、
50g×23本=1150g
250ml×2杯=500g
サラダ、お新香=50g
〆のスープ=180g
合計=1880g!

あと2本くらいは軽く無理して入ったと思いますので、
約2キロはいけるということでしょうか。

という経験を踏まえて、本題です…

どれぐらい食べるかなんて、そんな重要なことか?

よく、「食べさせる量がわからないから不安で手作り食ができません…」

という方がいらっしゃいますが、その疑問は立ち止まる理由にはならないと思います。

正確に知ればいい→まずは入門講座で不安をなくしてください!
多かったら減らせばいい
少なかったら増やせばいい
食べさせて体型・体調がどうなるかを定期的に観察すればいい
食べる量が多い少ないなんて、取り返しのつくこと!
取り返しのつくことは失敗を恐れなくていい
一食分を食べ過ぎても、次回以降に減らせばいい
身体には素晴らしい調整能力がある
一食の量を間違えても身体には響かない!
もし身体に響くとしたら、それは食事の問題ではなく、
 身体の状態を変える必要があるだけ!
長期に渡って食べさせすぎたり、食べさせなさ過ぎたりするのは、観察していないだけ
一度決めた量を,生涯食べさせ続けなければならないなんてことはない!
とにかく、結果を出している人に教わって!

です。

もう、十分すぎるくらいにヒントを出したので、ぜひ、これをヒントに、「我が子にとっての最適な量」を探ってみてください。


でも「餅は餅屋に!」の格言通り、ぜひ、ペット食育協会 (R) の入門講座をご活用のうえ、不安を確信に変えて頂きたいと思っております。


とにかく、食事量の不安をお持ちなら、それは触れた情報が間違っているだけで、心配なんて、皆無でございます!

 

APNAからのご案内

  • 入門講座の詳しい情報はこちら
  • メルマガのご登録はこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ