協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
愛犬を肥満(メタボ)から守れ!
愛犬チャンプ
HOME > monthlycolumn > 梅雨時だから外耳炎・皮膚病が悪化する!?
2018年6月

梅雨時だから外耳炎・皮膚病が悪化する!?

よく、

===
梅雨時は湿度が高く、身体の水分が抜けにくくなるため、水分摂取量が多いと、水分排泄がうまくいかず、皮膚病や外耳炎が悪化しやすい…だから、水分摂取を制限しましょう!
===

という話を聞きます。

そして、東洋医学や薬膳の書籍にもそんなことが書いてあります。

しかし、医学的にそんなことはおこらないのです!
いつでも水分は適切にコントロールされているのです!

もし、環境の湿度の影響で身体の水分コントロールが出来ないのならば、プールや海、お風呂に長く入っていたら、皮膚病や外耳炎になる話になります…(笑)

そんなことにはならないですよね?

ただ、昔の人はそんな風に思った人がいた…というだけで、環境の湿度が根本原因で症状が悪化することなど、身体の調整能力を考えたら…
腎機能が極限状態まで悪くなっていない限りありえないのです。


もし!万が一!本当にそんなことが起こるなら…


水分の摂取量をコントロールすることよりも、
水分コントロール出来ないことを問題視すべきなのです。


このように、一見納得してしまうような話でも、視点を変えれば「そうだよね!」とご理解いただけることって、ペットジャンルの情報には多いと思います。


人は、最初に触れた情報の影響を強く受けます。
しかし、問題解決力を高めるには、選択肢を増やすことが重要です。
選択肢を増やすためには、視点を多く持つことが重要です。


ですから、
【犬は●●であるべきだ!】
とか、
【猫は●●であるべきだ!】
と、選択肢を制限するような情報に触れたら、

「そんなこともある!」
と、読み替えて下さいね。


すでに知っている情報に囚われず、偏らず、執着せず、こだわりすぎず、豊富な視点を持って柔軟に対応できる飼い主さんになっていただけるよう、十周年を迎えたペット食育協会はこれからも飼い主さんの悩みを減らすお手伝いをさせていただきます。

 

APNAからのご案内

  • 入門講座の詳しい情報はこちら
  • メルマガのご登録はこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA会員とは?
  • 会員になる

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • google+でAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする
APNAブログ

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん
  • 「愛猫のための症状・目的別栄養辞典」
  • ネコの手作りごはん