協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
愛犬を肥満(メタボ)から守れ!
愛犬チャンプ
HOME > monthlycolumn > ペットフードは不安…でも手作り食も不安…を解決するAPNAが十周年!
2018年4月

ペットフードは不安…でも手作り食も不安…を解決するAPNAが十周年!

ペットフードが不安…

最近、アメリカとオーストラリアでペットフードのリコール事件の報道がありました。

食材の選択
食材の流通
食材の加工
製品の梱包
製品の流通

を他人に任せていたら、その途中に不適切な人・組織がいたら、思いもよらない事件に発展する可能性があることを改めて突きつけられた出来事でした。

しかし、一方で
「手作り食は栄養バランスが崩れるから不安…」
という意見があるのも事実…

また、そのよくある話に
「それって、本当なのかな?うちの子、元気だけど…」
そんな飼い主さんが増えて来たのも事実。

まさに、「気付いてしまった…」方々です。

気付かないうちは「ちまたの噂」を信じていればいいのですが、
気付いてしまったら「知りたくなる」ものです。

そんなちまたにはびこる不適切な情報に対し、不安や心配をかかえる飼い主さん達の悩みを一つでも「現実的」に解決する情報を提供してきたのが、「ペット食育協会(R)(Alternative Pet Nutrition Association;APNA)」です。

お陰様で設立十周年

「ペット食育協会(R)(Alternative Pet Nutrition Association;APNA)」は、

「手作り食で栄養バランスが崩れて具合悪くなるなんてことは、適切な知識で避けられること!」
というスタンスで、

だからといってペットフードを完全否定したりすることなく、

「流派にとらわれずにペットの栄養学や食に関する知識を学び、ペットの食事内容を飼い主が自信を持って選択できる判断力を身につけるために必要な情報の普及」を目的とし、日本の食文化の発展に寄与することを目的に2008年(平成20年)1月15日に設立されました。

そして、今年で設立十周年を迎えました。

APNA(エイプナ)が大切にしているスタンス

APNAでは、何かを否定して、自分の立ち位置を正当化するということには焦点を合わせません。

飼い主さんの悩みを解決することを第一に考えております。
では、飼い主さんの悩みを減らすために必要なことはなんでしょうか?

飼い主さんの悩みを減らすために必要なこと

それは問題解決力を高める事です。

飼い主さんの悩みを減らすためには、今抱えている問題を解決出来る力をつけることです。
これは、ペットの食事に限らず、仕事でも、プライベートでも、なんでも同じです。

ですから、「ペット食育協会(R) で学ぶことは、単に知識を学ぶだけではないので、実生活に役立ちます!」と言われるのかもしれません。

では、問題解決力を高めるにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

問題解決力を高めるために気をつけること

それは、豊富な選択肢を持つことです。
次から次へと「あの手この手」を手詰まりにならずに出せれば、問題解決力は高まります。

そんなとき、
「●病にはこの食材!」

などと短絡的に結びつけた情報収集・学習ばかりしていると、豊富な選択肢は持てないので、本質的に問題を解決できなくなる可能性が出てきます。

では、そんな短絡的な思考にならず、豊富な選択肢を持つためには、どうしたらいいのでしょうか?

豊富な選択肢を持つために意識すること

それは、視点を増やすことです。

一つの出来事を色々な立ち位置から見る習慣があれば、冷静に物事を見ることが出来ます。

手作り食で病気になるのは、極端な偏食を長期に渡って続けた場合
手作り食を実践している人達は手作り食に不安を感じていない
手作り食に不安を感じているのは、手作り食を実践したことのない方達

ということを知ることで、
「なーんだ…」
という印象になると思います。

実際、ペット食育協会(R) で適切に学んだ方達は、手作り食に対して不安を感じる人はほとんどいません。

では、なぜ不安がなくなるのでしょうか?

なぜ人は不安になるのか?

突然ですが、実は私は、ジェットコースターが怖くて乗れませんでした。
それはディズニーランドのスペースマウンテンとて同じでした。
しかし、スペースマウンテンの最高時速が75kmだと知った瞬間、
「高速道路で運転しているより遅いじゃん!」
と、怖くなくなったのです!(笑)

このように、人が不安になる理由の大きな原因は
「適切に知らないから」
です。

逆に、不安をなくすのは
「適切に知る」
ことです。

手作り食が不安だという方がいらっしゃいます。
一方で
「なんで手作り食が不安なの?意味わかんない!やればいいのに…」
という方もいらっしゃいます。

その違いは何か…

適切な情報を知っているかどうかなのです。

「適切な情報を知る」上で、私が意識していることがあります。

それは…

適切な情報を知る上で大切なこと

それは、流派にとらわれないことです。

世の中には、
●●派
●●式

ということに囚われる方が多くいらっしゃいます。

「フードでなければならない」
「生食でなければならない」
「酵素を摂取しなければならない」
「加熱食でなければならない」

私の心の師匠、武道の達人であられる、ブルース・リー(Bruce Lee)氏は次の様におっしゃっています。

===
水のようになれ。断言するな。対象に合わせろ。そうすれば何か方法が見えてくるはずだ。
ーーー
Be like water making its way through cracks. Do not be assertive, but adjust to the object, and you shall find a way around or through it. If nothing within you stays rigid, outward things will disclose themselves.
===

===
頭を空にしろ。水のように形をなくせ。水をカップにそそげば、水はカップの形になる。ボトルにそそげば、ボトルの形になり、ティーポットにそそげば、ティーポットの形になる。友よ、水になれ。
ーーー
Empty your mind, be formless. Shapeless, like water. If you put water into a cup, it becomes the cup. You put water into a bottle and it becomes the bottle. You put it in a teapot, it becomes the teapot. Now, water can flow or it can crash. Be water, my friend."
"You must be shapeless, formless, like water. When you pour water in a cup, it becomes the cup. When you pour water in a bottle, it becomes the bottle. When you pour water in a teapot, it becomes the teapot. Water can drip and it can crash. Become like water my friend.
===

一つの流派に縛られることは絶対によくありません。
水のように柔軟になることが理想です。
水は入れた容器の形に自在に変化します。
勢いをつければ岩をも砕く力があります。
問題に合わせて考える必要があります。

ということです。

唯一の正解は無い

世の中には「正解信仰」にハマっている方が多くいらっしゃいます。
だから、問題解決が進まないという状態の方がとても多いのです。

そんな方に寄り添い、適切な情報提供をし、一緒に問題解決をする場を作っているのが、ペット食育協会(R) です。

あなたの悩みを減らすためのペット食育協会

これからも、ペット食育協会(R) はペットフードを完全否定したりしません。

問題解決に活用出来る物は、なんでも活用するのがペット食育協会(R) です。

ただ、現実に起こったことは起こったこととして理解し、「不安だから手作り食にするという飼い主さん」も「厳選して今後もフードを活用する」という方も、どちらも学べる機会を提供する組織として、ペット食育協会(R) は

【あなたの悩みを解決する場】
として、頑張りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

追伸1:「愛犬・愛猫の食の悩み」を解決して、安心して食事を食べさせたい飼い主さんへ…

追伸2:2018年1−3月のペットフードリコール問題のオリジナル記事はこちら
↓↓↓
【アメリカ】
Four brands of dog food recalled for containing euthanasia drug

【オーストラリア】
Dog food recalled after death of police dog

 

APNAからのご案内

  • 入門講座の詳しい情報はこちら
  • メルマガのご登録はこちら
  • 須崎会長のセミナー情報はこちらから
  • その他「お問い合せ」はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問・質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちら
  • 「にやんこの疑問・質問」はこちら

メールマガジン申込みフォーム

E-Mail
都道府県
PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA会員とは?
  • 会員になる

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • google+でAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする
APNAブログ

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん
  • 「愛猫のための症状・目的別栄養辞典」
  • ネコの手作りごはん