協会について

  • 会長よりご挨拶
  • APNAとは
  • 活動内容
  • 入門講座
  • 認定講座
  • 養育講座
  • ペット食育指導士紹介
  • 講座 開催日程
  • 規約
  • プライバシー・ポリシー
  • 特定商取引法
  • 活動・メディア実績

資格について

  • 認定の流れ
  • 認定について
  • 検定について
  • 協会お願い
アクセス

このサイトについて

  • サイトMAP
  • 学校関係者・企業の皆様へ
  • 取材のご依頼

出版情報

  • 須崎の本

LINK

  • ペットアカデミー
  • 須崎動物病院
  • 各種リンク
マンスリーコラム
ペットのための手作りRECIPE
HOME > 規約 > 業務基準規定

業務基準規定

前文

 この業務基準規定は、ペット食育協会(Alternative Pet Nutrition Association: 略称APNA。以下「APNA」という。)が一般会員、資格認定会員及び法人賛助会員(以下「会員」という)に対し、行動規範を提供するために採択されたものである。業務基準規定は、すでに制定されている「会員倫理規定」(以下「倫理規定」という)にもとづいて、ペット食育准指導士、ペット食育指導士、ペット食育上級指導士としての具体的な行動・業務に関して規定している。
 この業務基準規定が順守されるためには、各会員が専門家としての立場を自覚し、同種他業界や世論への配慮をするとともに、業務基準規定を十分に理解する必要がある。さらに、倫理規定及び業務基準規定を守らない会員に対しては、懲戒規定による懲戒手続の対象となる。
 APNAは、すべての会員が倫理規定及び業務基準規定を順守することによって、会員各人、ひいてはペット食育に関する業務に対する社会的信頼を獲得できると確信し、ここに業務基準規定の成立を宣明する。

第 1 章 顧客との関係における規

(契約の際の確認事項)
第 1条 会員は、顧客と契約するに当たっては、以下の事項について確認しなければならない。
1 提供しようとする業務の内容
2 自己が必要かつ十分な業務を提供できる能力があること

(必要的情報開示事項)
第 2 条 会員は、専門家としての業務を提供するに際して、以下の事項を書面を以て明確に顧客に開示しなければならない。
1 会員の有する保有資格その他それに関連する重要な情報
2 法律で開示が求められている事項(当該法律が求めている方法で開示すること)
3 報酬に関する事項(報酬が公正かつ妥当な見積額である旨明示したうえ、報酬の額、種類(相談料、年額、月額、日額、タイムチャージ等)、支払方法などの重要な事項を合理的な範囲で可及的詳細に)

(任意的情報開示事項)
第3条 会員は、専門家としての業務を提供するに際して、以下の事項を顧客に開示することが望ましい。
1 顧客の仕事をするに当たってのプランニングの基本的な方向性。
2 会員のペット、食育等に関する教育歴、経歴等当該会員の個人的資質証明事項。

(秘密保持)
第4条 会員は、業務上知りえた顧客の個人情報及び秘密情報を、他人に開示または漏洩してはならない。

(非専門分野)
第5条 会員は、自分が十分な知識・能力を有しない分野についてアドバイスしてはならず、当該分野については、十分な知識・能力を有する他の会員の助言を求め、又はそのような人に顧客を差し向けなければならない。

(診療の禁止)
第6条 会員は、獣医師がその資格と責任により行なう場合を除き、ペット(獣医師法上の「飼育動物」を含む。)の診療を行なってはならない。

(資格外行為の禁止)
第7条 会員は、APNAに関する業務において、APNAが認定した資格の適用範囲を超えて業務を行なってはならない。

(資格の変更)
第8条 会員は、APNAの資格に変更があった場合は、顧客に対し、適時に通知しなければならない。ただし、契約上除外されている場合はその限りでない。

第 2 章 他の会員との関係における規律

(倫理規定及び業務基準規定の濫用)
第9条 会員は、他の会員を困惑させる目的で、懲戒規定における手続を開始し、APNAや当局に情報を報告し、若しくはその他の方法でこの倫理規定及び業務基準規定を利用し、又はこのような行為をなすと脅かしてはならない。

第 3 章 APNA、官公庁等との関係における規律

(資格・認可)
第10条 会員は、資格・許認可が必要な分野については、法の定める資格・許認可を得ることなく当該業務を行なってはならない。

(順守事項)
第11条 会員は、職業上の活動を為す場合は、この規定のほか、法令、協会規約、会員規定、倫理規定及びAPNAの定めるその他の規約・規定・規則・細則等を順守して業務を提供しなければならない。

(違反通知)
第12条 会員は、他の会員によってなされた倫理規定、業務基準規定及びAPNAの定めるその他の規約・規定・規則・細則等に違反する行為を知ったときは、直ちにAPNAに通知しなければならない。

第 4 章 その他

(規定の準用)
第13条 この規定は、役職員に準用する。

(規定の改定及び採択)
第14条 本規定の改定は理事会の議決によって行なうことができる。

PAGRTOP
  • 会員専用ページ
  • APNA一般会員

指導士養成講座・申し込み

  • 指導士
  • 准指導士
  • 上級指導士

入門・2級・1級認定講座は下記スケジュールより各地区からお申し込みください。
※2級・1級認定講座は入門講座受講後より受講可能です。

  • 認定/入門講座スケジュール
北海道
東北
中部
関東
関西
中国
四国
九州

APNA・メール

APNA NEWS
APNA BLOG
愛犬を肥満 ( メタボ  )から守れ!
NG食材講座( 中級者向け講座 )
バイオレゾナンス・トリートメント

APNAのソーシャルアカウント

  • youtubeでAPNAをフォローする
  • Twitterで@susakiyasuhikoをフォローする
  • FacebookでAPNAをフォローする

APNA・メール

APNAの最新の情報が手に入る
メルマガはこちらまで!!

E-Mail
都道府県
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 手づくり犬ごはん
  • 高齢犬ケア百科 愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍
  • 愛犬チャンプ